良かれと思った有機物投入が….

良かれと思った有機物投入が….

良かれと思った有機物投入が….


 「品質の良い物を作るぞ!」「安全な物を作るぞー!」と意気込んで有機物を圃場に投入される方は多いと思います。「安全で高品質」は現代では生産者の責任として、当然追求すべきです。
しかし、これが裏目に出てしまうこともあります。有機物をどの時期に、どれくらい投入すべきか?これを知らなければせっかくの努カも無駄になるどころか、逆効果になってしまうことがあることを、知っていなければなりません。
 本来、有機物をほ場に入れると言うことは窒素分の補給という目的があります。一作終わると当然のことながら、土壌中の窒素は消費されます。もちろん次期作のために、窒素分を始めとする失われた成分を、補給しなければなりません。そのために有機物を投入します。しかし、有機物はそのままでは植物に吸収されないため、微生物のカを借りて植物に吸収されやすい形にする必要があります。
  微生物によって十分に分解された堆肥を完熟堆肥と言います。この形になればしめた物です。しかし、完熟堆肥を作るのは大変です。発酵玄米アミノ酸酵素を使うことで比較的簡単に、短期間でこの完熟堆肥を作ることができます。
有撒物投入の弊害
それでは完熟していない堆肥を投入するとどのような問題が出るのでしよう?
代表的な例を挙げると「立ち枯れ」「フエノールの害」「窒素過多・飢餓」などがあります。
窒素過多
未熟な堆肥を多量に施用すると、土壌中で急激に分解され無機態窒素(特にアンモニア態窒素)の濃度が高まり、作物根が濃度障害を起こすことがあります。また土壌中の窒素濃度が高まれば、作物体中の硝酸態窒素の含有率が高くなります。
また環境にも悪影響を及ぼします。
土壌中のアンモニア態窒素は、土壌微生物による硝化作用を受けて、硝酸態窒素に変化します。これが雨により流され環境汚染の原因となります。
フェノールの害
堆肥の原料として用いられる物の中には生育障害物質と呼ばれる物が含まれていることがあります。例えば稲ワラや麦ワラにはフェノール性酸(バニリン酸、P -オキシ安息酸、フェルラ酸、P-クマル酸など)が含まれていますし、オガクズやバーク(樹皮)のような木質物にはフェノール性酸の他にタンニンや精油が含まれています。これらの影響により作物は育成を阻害されてしまうことがあります。
窒素飢餓
施用したときに土壌中で微生物が急激に増殖し、そのときに土壌中の窒素を大量に消費してしまい極度の還元状態になってしまうことがあります。この状態になると根に障害が起こり、また嫌気性微生物の働きによって有機酸、低級脂肪酸などの生育阻害物質が生成され、作物に障害を与えます。これは特に粘土質土壌のように排水不良の圃場で起きることが多く、作物は根腐れなどを起こしやすくなります。
 また気を付けなければいけないのは、堆肥に使う原料によっては無機成分の過剰を引き起こしたり、バランスを崩したりすることです。特に施設栽培では塩類集積を起こし、作物生育を阻害してしまうし、水分の多い未完熟堆肥を多量に施用した圃場で大型機械を運行させ土壌を圧蜜させてしまうと通気性弐悪化や排水不良など物理性を悪化させる原因どなるので注意が必要です。しかしこれらの障害も堆肥施用後30日から40日してから作付けすることで防げることが多いのです。  
土壌分析することで、有機物の質・投入量を知る!
 また完熟堆肥であっても、成分が自分の圃場に合っているかどうかも大切なことです。大切なのは「自分の圃場に今何がどれくらい足りないのか?」を知ることです。そのためにも土壌分析キットを使って、自分の圃場の特性(状態)をまず知ることが必要です。砂地なのか粘土質なのか?酸性が強いのかアルカリ土壌か?そして窒素量はどれくらいなのか?作物は何か?これらの条件によって必要とする堆肥の質、量ともに決まります。
 窒素飢餓の場合は寒冷地の方が温暖地よりも害が出やすいですし。また露地栽培の場合より施設栽培の方がトラブルに見舞われることが多く、その原因も解りにくいようです。発酵玄米アミノ酸酵素で手間をかけずに、短期間で作った完熟堆肥で今シーズンのスタートに備えてください。

関連記事

  1. 「育苗」技術をマスターすれば収穫期間を大幅に延長できる!
  2. 夏作で5ヶ月間収穫できるようにする知恵はどこから生まれてくるか!
  3. 作物の生長には「水分」が命!水分コントロールができれば収入まで変えられる!
  4. 「定植」の仕方を間違えば生長は1ヵ月も遅れる!
  5. なぜ「畝」は立てるのか・・・?「定植」をするとはどういうことなのか・・・?プロの技術がある!
  6. シリーズ「栽培の基本」異常気象に対応した「育苗」の仕方!
  7. シリーズ「栽培の基本」「種子」と「育苗」の消毒は本当に必要なのか・・・?生命力の源泉は「菌体」にあるという現実!
  8. シリーズ「栽培の基本」病害の出発点は「購入苗」にあるという現実が理解できるだろうか・・・?
  9. 自家配合の「培土」を作ると土作りが見えてくる!
  10. シリーズ「農業の大切な基本③」冬場の「水分過多」と「高濃度養液」は 土を冷やし百害あって一利なし!