土壌病害は生産者が無意識に作り出してしまっていたなんて信じられますか?

土壌病害は生産者が無意識に作り出してしまっていたなんて信じられますか?

玄米アミノ酸 生産者を悩ます土壌病害はなぜ起こるのだろうか。土壌病害は連作障害になり収量は毎年、少しずつ減っていくことになる。農業生産の一番大きな悩みになっている。工業生産にこの悩みはない。

 実は農業生産の土壌病害は起こるべくして起こっている。土壌病害になるような慣行農法をやっているのである。えっ!どういうこと……慣行農法のどこが土壌病害になるの……」それをこれからわかりやすく説明する。習慣的に何の疑問も持たずにやっている農作業の中にすでに土壌病害の原因はある。


(1)カルシウム、マグネシウムの過剰
 日本の土壌は酸性である。カルシウムとマグネシウムは最初から不足している。不足を補うために投入する。毎作、何年も投入する、そうすると土壌病害は自然に発生するようになる。日本の土の主な成分は珪酸、鉄、アルミニウムである。

この中のアルミニウムは強い毒性を持ち病原菌をやっつける力がある。ところがカルシウムやマグネシウムはアルミニウムと簡単に結合する。結合すると毒性を失ってしまう。結合したカルシウムもマグネシウムも流亡せず土に残る。つまり殺菌力がなくなる。土の中にほどよくアルミニウムがあるうちは土壌病が抑えられる。毎作、何年も入れ続けているとアルミニウムが自然に減少する。減少量があるレベルを超えると一気に病原菌が吹き出てしまう。自然の土壌バランスを崩してしまうのである。石灰を入れるなんて習慣的に何も考えず時期が来ると投入する方が大多数ではないだろうか。だから大多数の方がほ場を土壌病害にしてしまうのである。

玄米アミノ酸
(2)リンの過剰
 火山灰土の土壌にはリンがない。そこでリン鉱石を海外から輸入して大量に入れた。リンも雨で流亡しない。土壌に残る。リン過剰になると根が傷み始める。病原菌の蝕害である。それを病原菌とは気づかずに肥料不足と判断してしまう。さらに病原菌は繁殖していくことになる。最終段階で病気が表面に出てくる。それから土壌消毒をすることになる。末期症状に土壌消毒をしても大きな効果を期待することは最初から無埋かある。土壌消毒は毎年必要になるが病気が消えることはない。リン過剰が解消されない限り病気は出やすい環境になってしまうのである。

 リンは100g中に50mgもあれば充分である。せめて100mg以内には抑えたいものである。これを超えると根が傷み始めて病原菌は増えていくことになる。

玄米アミノ酸
(3)カリウムの過剰
 カリは植物の体液に吸収される。植物の体液にカリが増え始めるとカビ菌が増殖する。根コブ病はその代表例である。カリ過剰になる理由は意外なところにある。化成肥料を購入する時に必ずカリが入っている。8・8・8とか14・14・14と横並びで同じ分量が入ってしまっている。これに何の疑問も持たずに習慣的に使っていると自然にカリ過剰になる。弁当で言えば幕の内弁当である。食べたくないものまで入ってしまっている。

 カリが過剰になると葉の色は濃い緑から汚い黒い色に変わってくる。これは完全なカリ過剰である。

玄米アミノ酸
(4)有機堆肥の投入の過剰
 堆肥は牛、豚、鶏を飼育している所から処理しきれないほど出てくる。出てくるから使う。ドンドン投入する。そうすると土壌の中で還元状態になる。腐るのである。腐ると悪玉菌が異常な勢いで繁殖する。そこに排水不良になるともう手がつけられない。重症である。有機堆肥が手に入りにくい生産者にはこの病害は少ない。

(5)土壌ペーハーの異常と石灰過剰
 土壌のペーハーは6前後が正常である。ところが7を超える土壌も珍しくなくなってきた。石灰の入れすぎである。特に価格が安い酸化カルシウムは異常に多く使われている。いわゆる硝石灰といわれるものである。これは悪玉バクテリアに弱くなる。バレイショのソウカ病などは典型的なものである。

玄米アミノ酸
 酸化カルシウムは雨で流亡しない。そのために投入するほどペーハーは高くなっていくのである。土壌ペーヤーは測ってみなければわからないものである。見た目には何の変化もないものだから投入することに抵抗がまったくないのである。気がつかないうちに土壌病害を呼び寄せてしまっている。

 以上5つの項目について土壌病害の原因を詳しく説明してきた。連作障害を作り出している犯人は生産者自身であった。驚くべき事実である。土壌病害を解決した
いと思うなら土壌消毒は目先の対処法にすぎないのである。根本の問題はカルシウム、マグネシウムの過剰、リン過剰、カリ過剰、有機堆肥過剰、石灰過剰にあつた。ここを見直す必要がある。

 改善策は唯一、徹生物の活用しかない。自然のバランスを取り戻してくれるのは微生物だからである。

 それ以外はお金がかかる。土の天地返し、土の入れ替え、休耕、いずれも大きな資金を必要としてしまう。

 頭の中を切り替えることは簡単ではないかもしれない。土壌病害は一度出てくると毎年深刻になるばかりなのである。収入を増やすためにも微生物を活用するしかないのである。

関連記事

  1. 「育苗」技術をマスターすれば収穫期間を大幅に延長できる!
  2. 夏作で5ヶ月間収穫できるようにする知恵はどこから生まれてくるか!
  3. 作物の生長には「水分」が命!水分コントロールができれば収入まで変えられる!
  4. 「定植」の仕方を間違えば生長は1ヵ月も遅れる!
  5. なぜ「畝」は立てるのか・・・?「定植」をするとはどういうことなのか・・・?プロの技術がある!
  6. シリーズ「栽培の基本」異常気象に対応した「育苗」の仕方!
  7. シリーズ「栽培の基本」「種子」と「育苗」の消毒は本当に必要なのか・・・?生命力の源泉は「菌体」にあるという現実!
  8. シリーズ「栽培の基本」病害の出発点は「購入苗」にあるという現実が理解できるだろうか・・・?
  9. 自家配合の「培土」を作ると土作りが見えてくる!
  10. シリーズ「農業の大切な基本③」冬場の「水分過多」と「高濃度養液」は 土を冷やし百害あって一利なし!