夏場の高温対策の切札になる「自然マルチ」の方法とは…

夏場の高温対策の切札になる「自然マルチ」の方法とは…

玄米アミノ酸 温暖化は加速する一方である。今年の真夏日は過去最高を更新する可能性が大である。そのために8月の野菜が異常高値になる傾向がここ数年続いている。これが8月だけでなく7月中旬〜9月中旬までの2ヶ月に拡大する可能性が高いのである。
 その原因のひとつがビニールマルチにあることは明らかである。地温が高くなりすぎるのである。そのために肥料が早く分解して、生産が早く終了してしまうのである。もちろん病害虫も出やすくなる。これを防ぐ方法はないものだろうか。


ビニールマルチにかわるものがあるとしたら夏場でも野菜が出荷できる。しかも高い価格で取引きされる。しっかり利益が取れるのである。
この発想は果物の早出しに似ている。これはコストがかかる。寒い時期に暖房を焚く必要がある。しかもやる人が多くなった。7月から出る温室みかんでもメリットは少ない。それに比べて7月と8月は暑さ対策さえできれば何の問題もない。低コストで高収益を上げることができる。

 ビニールマルチに変わるものとは何だろうか。それは自然のマルチである。稲わら、カヤ、稲科の植物、山野草などである。ビニールマルチが出る以前はやっていたことである。簡単で便利なビニールマルチが出ると自然マルチをする人が少なくなってしまった。ビニールマルチには欠点が多い。自然マルチは長所が多いのである。

玄米アミノ酸 自然マルチの長所を挙げてみよう。
(1)乾燥を防いでくれる。土壌の保水がグーンとアップする。
(2)夏の間は直射日光から守ってくれる。
(3)マルチと土壌の間に空気の層ができる。
 この空気の層は微生物やミミズのような小動物にも好環境になり繁殖できる。
(4)強い雨が降っても直接土壌に当たらない。
(5)雨が降った後の急激な過乾燥を防いでくれる。
(6)土の表面に亀裂が入る壁状構造を防いでくれる。
(7)土壌中の空気と水のバランスがよくなる。
(8)もちろん草も出ない。
(9)均一な湿度が保てる。
(10)水分量が安定するために毛細根の発育がよくなる。
実にいいことずくめである。これだけの条件が整えば夏の暑さにも耐えられる。肥料が急激に分解することもない。収量も品質も安定して長期間の収穫ができるようになる。ビニールマルチとはどれだけ違うことだろうか。

玄米アミノ酸
 自然マルチとビニールマルチとは似て非なるものであることをわかってほしいのである。自然マルチは苛酷な自然条件に対応できる幅の広さがある。

 「そんなこと言われても材料が手に入らないよ」そこで知恵を使ってほしいのである。稲わらやカヤが手に入らない時はどうすればいいのか。もみがらがある。それも手に入らない。そうしたら山野草がある。堤防の土手にある草でもマルチになる。それも手に入らないとしたら最後に休耕田を利用した緑肥という手がある。グラスゴーやオーチャード小麦はマルチになる。これを育成してマルチにする。「そんな手間をかけてお金になるの…」お金になるから自然マルチを紹介しているのである。

玄米アミノ酸
 野菜だけでなく果樹にも抜群にいい。樹の周辺にマルチをするのである。果樹園の下草をマルチにするのも方法の一つである。樹の周辺に稲わらを厚く敷くという方法は昔から行われてきたことは知っていると思う。この自然マルチと玄米アミノ酸のぼかしを併用すればさらに強い抵抗力をつけることができる。土壌の中にぼかしの微生物で層を作り、表面を自然のマルチで空気の層を作る。誰が考えても理想的な環境になる。ちょっとぐらい温度が高くなっても何ともなくなる。むしろプラスに働く。実は成長し、花芽の分化は活発になる。まわりの人が畑を整理している時に収穫の真っ最中ということになる。品薄で価格も高い。夏だから収量も多い。これで採算に合わないのだろうか。しっかりと利益が取れるようになる。

 実はこういうことの積み重ねが楽して儲かる有機農法に直結していくのである。いきなり有機無農薬のJAS認証といっても無理がある。自然にある農業資材の活用法を充分に理解してからでないと成功する可能性は低いのである。

玄米アミノ酸
 最後に大切なことをお伝えする。自然マルチはやればいいというものではない。理想的な空気の層を作るにはマルチの厚さが非常に重要なのである。その厚さとは500円玉を立てた高さ5cmほどの厚さが必要なのである。

 外国では木材のチップが自然マルチとしてよく使われている。不要な間伐材の有効利用である。日本でも森林が荒れに荒れ果てている。間伐材なんて、まったくの無料である。市町村の農政課に相談してみるのも手なのである。自然マルチは自然のものだから知恵を使えばいくらでも出てくるのである。

 ビニールマルチからどうしても離れられないという方にアドバイスがある。高原野菜のような全面マルチをする場合でも欠点を補う方法がある。それは作土層を深くすることである。ソイラーを使って20cm以上にする。そうすることで土壌の中に空気層を厚く作れる。排水が良くなり急激な乾・湿の害が避けられる。そのようにしても効力は自然マルチに遠く及ばない。自然マルチは温暖化対策の切札でもある。玄米アミノ酸

関連記事

  1. 「育苗」技術をマスターすれば収穫期間を大幅に延長できる!
  2. 夏作で5ヶ月間収穫できるようにする知恵はどこから生まれてくるか!
  3. 作物の生長には「水分」が命!水分コントロールができれば収入まで変えられる!
  4. 「定植」の仕方を間違えば生長は1ヵ月も遅れる!
  5. なぜ「畝」は立てるのか・・・?「定植」をするとはどういうことなのか・・・?プロの技術がある!
  6. シリーズ「栽培の基本」異常気象に対応した「育苗」の仕方!
  7. シリーズ「栽培の基本」「種子」と「育苗」の消毒は本当に必要なのか・・・?生命力の源泉は「菌体」にあるという現実!
  8. シリーズ「栽培の基本」病害の出発点は「購入苗」にあるという現実が理解できるだろうか・・・?
  9. 自家配合の「培土」を作ると土作りが見えてくる!
  10. シリーズ「農業の大切な基本③」冬場の「水分過多」と「高濃度養液」は 土を冷やし百害あって一利なし!