春に肥料が効くメカニズムを知れば投入量は大幅に減らせる!ムダなお金は使う必要がない。

春に肥料が効くメカニズムを知れば投入量は大幅に減らせる!ムダなお金は使う必要がない。

玄米アミノ酸  ここ数年の春は早くから暖かい。長雨が定植時まで続く傾向にもある。このような気象条件の場合は肥料の入れすぎは大きなダメージになることが多い。徒長したり、早くから油虫が寄ってきたり、スリップスが大発生したりする。定植時の生理の狂いは取り戻すことができない。


なぜ春に肥料を入れすぎると大きな問題を起こしてしまうのか。このメカニズムを知ると肥料に対する考え方が変わるのである。すでに肥料を投入した方もいると思うし、これからという方もいると思う。肥料の基本をもう一度見直してほしいのである。

 それで今回は「肥料をたくさん入れるとなぜ悪いのか」をお話しようと思う。話をわかりやすくする為に、結論を言いましょう。植物の根は水に溶けた養分しか吸収できない。これは誰にでもわかることだと思う。しかし、条件がある。養分の濃度がちょうどいい場合に限り吸収する。濃度が濃すぎると吸収できない。

 適当な濃度とは何か?水がイオン交換できる範囲のことをいう。むずかしく考えてはいけない。逆を考えるとすぐにわかる。土壌に含まれる水分には限りがある。溶解する肥料成分にも、限りがあるという事である。だから肥料をたくさん入れても、投入した分だけ根が吸収する事にはならない。だから、水に溶解する肥料成分だけを、入れればいい事になる。肥料はたくさんいらないのである。

玄米アミノ酸  図1を見てほしい。土壌溶液が中心にある。スクランブル交差点の中心である。土壌溶液とは、根っこが吸収できる栄養成分の事である。ここを中心に土壌が形成されている。特に収穫には直結している。まず、このイメージを大切にしてほしい。見ていただいてわかるように一方通行ではない。相互通行になっている。相互通行しながら土壌溶液を作り上げているのである。

 作物は土壌溶液を吸収する。そして成長に不要になった排泄物を吐き出す。微生物は、この排泄物を食べて養分に変える。土壌有機物を投入する。微生物は、有機物を分解し土壌溶液に変化させる。

 交換・吸着も同じ。有機物は分解されるとマイナスのテーブルとイオン交換する。根っこは、この養分だけを吸着する。

 結晶の鉱物は、わずかながら微生物によって風化される。風化された沈殿物が土壌溶液にとける。これを根っこが吸収する。

 土壌溶液の形成内容が理解されただろうか。この状態にならない限り、植物が栄養吸収できる事にはならない。この状態をどう作ればいいのか。それだけを考えていればいいのである。これ以外の考えはいらない。

 もっとも大切なのは「土壌溶液濃度」なのである。肥料をたくさん入れたらどうなるか。作物はたくさん入れたらどうなるか。作物は養分を吸収できない。イオン交換はにぶくなる。結晶鉱物は分解されない。微生物は働かない。その結果、肥料やけを起こす。

玄米アミノ酸 図2を見てほしい。土のコロイドの状態が説明してある。

 肥料成分はすべて、プラスのテーブルである。これがマイナスのテーブルにくっついて、根が吸収できる状態になる。マイナスのテーブルは、微生物が結晶鉱物を溶解してできるものである。マイナスのテーブルがなくては、土のコロイドは形成されないのである。

 肥料をたくさん入れたら、土のコロイドが形成されるわけではない。土のコロイドが形成されなければ、根は養分の吸収をする事ができない。土のコロイドが形成されていれば、さらにすばらしい発展が見えてくる。土壌溶液を自動的にコントロールしてくれるのである。肥料の入れすぎという問題がなくなる。

 だから、基本である土壌をしっかりと作れというのである。土壌ができている人は、良いように回転する。肥料もいらない。お金もかからない。収量は多い。品質はいい。収入も多い。評判も高い。土壌ができていない人は全くその逆である。お金はかかる。収量は少ない。病害虫にはやられる。その成否の根本の理由が、土壌溶液濃度にある。ここをしっかりとつかんでほしい。自分の畑の土壌溶液濃度は適性なのかどうか。一方通行にならないで、相互通行になっているかどうか。しっかりと見極めてほしいのである。

玄米アミノ酸  多額の肥料代を支払って、その結果、病虫害を作っている人があまりにも多すぎる。玄米アミノ酸は少ない肥料成分で多くの収穫が得られる。それはなぜか。土のコロイドを作り、土壌溶液濃度を適正に作りやすいからである。土壌溶液濃度がよくわからないという人は、玄米アミノ酸のボカシだけで栽培してみる。その結果を見れば、言っている事がよく理解されるはずである。

関連記事

  1. 「育苗」技術をマスターすれば収穫期間を大幅に延長できる!
  2. 夏作で5ヶ月間収穫できるようにする知恵はどこから生まれてくるか!
  3. 作物の生長には「水分」が命!水分コントロールができれば収入まで変えられる!
  4. 「定植」の仕方を間違えば生長は1ヵ月も遅れる!
  5. なぜ「畝」は立てるのか・・・?「定植」をするとはどういうことなのか・・・?プロの技術がある!
  6. シリーズ「栽培の基本」異常気象に対応した「育苗」の仕方!
  7. シリーズ「栽培の基本」「種子」と「育苗」の消毒は本当に必要なのか・・・?生命力の源泉は「菌体」にあるという現実!
  8. シリーズ「栽培の基本」病害の出発点は「購入苗」にあるという現実が理解できるだろうか・・・?
  9. 自家配合の「培土」を作ると土作りが見えてくる!
  10. シリーズ「農業の大切な基本③」冬場の「水分過多」と「高濃度養液」は 土を冷やし百害あって一利なし!