最盛期を迎える、「ぶどう」「梨」「柿」の暑さ対策。

最盛期を迎える、「ぶどう」「梨」「柿」の暑さ対策。

玄米アミノ酸 春の寒さは異常だった。4月の後半になっても底冷えのする寒さだった。もう花が咲いているというのに雪である。雪にならなくても降った雨が冷えて低温障害になった。


静岡のお茶の収量は例年よりも問題にならないくらい落ちてしまった。お茶だけではなく永年樹は大きな被害になった。

 その後、天気は持ち直したが、今後は暑さである。すでに海水温は上昇してしまっている。涼しい夏は期待できない。太陽熱が海面に反射して高気圧を発生させる。海水温が高いほど高気圧は発生しやすいのである。

玄米アミノ酸 幸いにしてアイスランドの火山噴火はそれほど大きな影響はいまの所、出ていない。
 これから果樹が最盛期に入る。ぶどう・梨・柿・早生みかん・りんごが次々に収穫期に入る。春の低温で収量は期待できる状況ではないと思う。そうするとせめて残った果実はすべて秀品にしたいと思うのである。

 ところが問題が残る。夜温である。これが下がらないと色が来ない。色づきが悪ければ商品にならない。色が来るまで待たざるを得なくなる。そうすると果実が肥大しすぎて規格外になってしまう。

玄米アミノ酸 まずは色づきの問題を解決する必要がある。色づきは寒暖の差が激しいほど、きれいな色になる。標高の少し高い所で品のいいものが収穫できる理由である。そうすると平地は不利ということになる。色づきは平地ほど気を使う必要がある。

 対策は陽が沈みかけた夕方の葉面散布である。これは光合成を目的にしていない。夜温を少しでも下げる工夫である。夜の温度が30℃以下にならない熱帯夜が続いたら是非、やってみてほしいのである。玄米アミノ酸の希釈倍率は3000倍でいい。夜温を下げるのが目的だから濃度は薄くてもいいのである。

玄米アミノ酸 色づきが解決すると少し肩の荷がおりたような感じになる。だが、まだ安心はできない。糖度の問題がある。暑い日が続くと糖はのりにくい。朝・晩は冷えて霧が立ちこめるような気候がいいのである。朝露を葉の裏から吸収して、太陽が上がると光合成をして栄養をつくる。これが理想的なのである。自然の気候がそのように働いてくれないとしたら、人工的につくり出すしかない。

 熱帯夜が続いたら、朝、暗いうちに出かけて陽が出る前に葉面散布をする。

 口で言うのは簡単だけれども大変な仕事である。果樹は年に一度しか収穫できない。この次はないのである。生活のすべてがかかっている。だとしたら、やるしかないと思うのである。一年中、やれというのではない。色づく頃を狙って2回ぐらいやる。色がつくというのは酸味が甘味に変わる節目になるのである。そこを狙う。

玄米アミノ酸 注意をしなくてはいけないのが肥料である。色が来ないからと言って肥料を与える。これは逆効果以外の何ものでもない。色はますます、来なくなる。果実は肥大する。果肉はしまりがなくなる。糖はのらなくなる。味は大味でぼける。液肥も固形質もどちらも同じである。色が来ないのは肥料が原因ではないからである。こういう失敗は気がつかないうちにやりそうなのである。指導員に言われた、普及員に言われた。「それならやってみるか。」となってしまう。肥料が切れたかなと思った時は玄米アミノ酸のぼかしを使って、土の上にふる。この程度にしておいた方がいい。

 永年樹の果樹はその時だけ活動しているわけではない。野菜とは根本的に実をつける仕組みが違っている。果樹は一年を通して実をつけるのである。秋に葉を落として、冬を感じ、春になると暖かさを感じて新芽を出し、花を咲かせる。受粉をして実をつけ肥大させる。光合成をして養分をたくわえる。そして寒暖の差を感じて、色をつけ、糖をのせる。

 肥料をやるとしたら葉を落した後しかないのである。

玄米アミノ酸 暑さ対策に戻ろう。暑さ対策は水を効率的に使うのが有効であることは話をした。その時にノズルに注意することは言うまでもない。水は表面積である。粒子が粗いほど効果はうすい。細かいほど表面積は大きくなる。少量で効果を出せるということである。

 それから風である。風を通して空気の流通をよくする。Y果栽培のように密植をしている畑は特に注意が必要である。収穫しやすい、作業しやすい、若木の樹勢を生かせるという理由で普及している。樹と樹の間が狭いのが特徴である。どうしても風の通りは悪くなる。風の通りが悪くなると温度は2度〜3度も違ってくる。蒸される状態になる。暖気は軽くて、下から上に上昇する性質をもっている。質のいいものが取れるはずの樹の上部がもっとも暖かくなってしまうのである。風の通りを考えて、すき間を空けるぐらいの勇気が必要になる。

 果樹は最終段階に入っているので根の方はやることがない。来年のことを考えて、栽培記録は取ってほしい。花が咲いた日、受粉をした日、果実になった日、肥大をした日、色が来た日、収穫をした日など、大雑把でもいい。これを数年、積み重ねると気候条件の変化が読み取れるようになる。そうすると早めに対策が立てられるようになってくる。すでに米の旨い地域は青森から北海道になりつつある。新潟ではもう暖かくなりすぎているのである。果樹は米よりも、はるかに気象条件に敏感である。気候の変化をつかめずして、品質の良い果樹はできない。

関連記事

  1. 玄米アミノ酸微生物農法は完成された!5年以内に2万haを目標にする!
  2. 玄米アミノ酸微生物農法をやると糖度が上がるわけとは・・・?
  3. 土壌病害や連作障害の本当の原因は何・・・?糸状菌やフザリウム発生と同じ原因だった!
  4. 除草剤ばかりが雑草対策ではない!土を豊かにして「雑草」を劇的に減らす方法!
  5. 収量と品質は「葉」で決まる!「葉」を超元気にできる資材とは・・・?
  6. チッソを多く投入するほど「微生物」はいなくなる!春に肥料当たりをするのはなぜ・・・?
  7. 冬場の施設栽培で利益を出す方法!施設栽培の3大欠点とは何か・・・?
  8. 玄米アミノ酸微生物農法で成功するまでの紆余曲折と心配事はどうすればいいのか・・・
  9. やればやるほど土壌が病むという常識を破壊した玄米アミノ酸微生物農法!
  10. ぼかし作り冬場の悩み「温度が上がらない」の解決方法!