2013年は世界が大変化する幕開け! 歴史に残る年になった!

2013年は世界が大変化する幕開け! 歴史に残る年になった!

 世界中にいるお金持ちという人たちに大きな変化が出ている。今までにないほどの大きな変化である。税金が低い国へ移住しているのである。例えばシンガポール、プエルトリコなど富裕層の移住を歓迎している国がある。税金を払わなくて済む分だけで実質収入は倍になるというのである。

楽して儲かる農業みーつけた
 これは年々、加速しているというのである。「私はお金を持っていないから関係ないよ…」そう言うと思いました。富裕層の話をしようとしているのではない。世界が大きな変化の時期に来ていることを言いたいのである。富裕層を生み出した原因は紙幣の大量発行、金融商品の成長、過大投資、インターネットなどといろいろある。

 多くの貧困層を救いたいと考えて、景気を刺激するわけである。皮肉なことに、その度に鬼子のようなお金持ちを生み出してしまったのである。これは資本主義社会が崩壊する前兆である。かと言って、社会主義になるわけではない。新しい社会システムが生まれてくるということなのである。どんな社会システムが生まれてきて、人々に受け入れられるのか大変に興味深いものがある。

 「そんなことはオレの仕事に何の関係もねえ~」と思われるかもしれない。関係ないと思いたければそれでもいい。人は一人では生きられない。社会があってこそ生きていける。何をするにも共同体なのである。これは、この先も変わらない。生みの苦しみというのがある。新しいシステムが定着する為には試練が待ち受けているのである。

楽して儲かる農業みーつけた
 社会が大きく揺れ動くということである。その時に選択を間違うと大変なことになる。混乱期に入るわけだから、何をどうしていいのか、分からなくなる人もたくさん出てくる。その混乱は日本国内という意味ではなく、世界的なうねりの中で出てくる。

 最初に富裕層の話をしたが、そんな人たちをうらやましがる必要はまったくない。勝手にやっていればいい。お金があって出来ることなんて限られている。ひがみではない。事実である。

 なぜ新しい社会システムが必要とされるのか。ここだけは理解してもらえればいい。それは古いもので作られてきた既得権という化け物を壊すためである。そのために多くの人が苦しんできたからである。その苦しみに耐えられなくなって崩壊していくのである。

楽して儲かる農業みーつけた
 新しいものを生み出す努力をしたものがヒーローとなっていくのである。これを時代の力というのである。もっと分かりやすくいうと自然の法則である。

 良いとか悪いとかというのではないのである。その前兆がすでに出ている。異常気象の今年の猛暑日の凄さは知っていると思う。そして富裕層の出現。来年からこの動きはさらに加速する。十年一昔の化学肥料なんかに頼っていたら、もう先はないのである。 

関連記事

  1. 「二宮尊徳」はどのようにして成功をしたのか!
  2. 農業で成功する人、うまくいかない人!
  3. 高齢化しているのは人間だけではない!畑まで高齢化している現実がある!
  4. 超利益農産物が突如「出現」!輸入農産物の国産化が農業を変える!
  5. 恐るべし!「女性パワー」が農業を変える!
  6. 観光農園で、年間入場者15万人!え!どうしたらできるの・・・?
  7. 4年後の東京オリンピックは世界から「食の安全性」が厳しく問われる!慣行農法で食の安全は確保できない!
  8. 六次産業化に大型の補助金をつけている理由とは何なのか・・・?農産物の価値観が大きく変化する!
  9. 世界経済は大減速!食糧不足が現実になる異常気象の驚異!
  10. 多くの人がやらないことに「チャレンジ」しなければ成功はつかめない!