みどりの放線菌を使用した結果〝ダニの居ない〟ことにびっくり

みどりの放線菌を使用した結果〝ダニの居ない〟ことにびっくり

楽して儲かる農業みーつけた
 いつもお世話になっております。みどりの放線菌を使用して見たことです。いちごを栽培しています。昨年の10月頃、ちょうどマルチングの時期でしたので株間にみどりの放線菌をそのままにすじまきしてマルチングを行いました。年内は例年通りに生育しましたが年が明けてから変化が現れまして株が伸びない、葉が少ない、花芽も小振り。どうも矮化したかな。一部比較するためにみどりの放線菌の未使用区を作り、この区はそのままに生育は進みました。そして、変化し始めたのが春先でした。みどりの放線菌区は新葉が大きくなり花芽は太くなり、収量はアップとなりました。葉柄は30㎝。未使用区は例年通りの生育でした。ただひとつ、ダニ剤が全然効かず、これが生育に影響があったと思いますが、ダニ剤を撒布しようと農薬を計量したら1000倍のところ1500倍分しか足りず、そのまま撒布したら効果がでました。〝ダニが居ない〟びっくりしたこともありました。
 収穫も終わり、株の根の量は多かったです。栽培は高設ベットです。

愛知県 Y様より

みどりの放線菌で生産コストは大幅にダウンできます!

楽して儲かる農業みーつけた
 みどりの放線菌のFAXありがとうございます。思った以上の結果だったようですね。実はみどりの放線菌には植物を元気にする力がびっくりするぐらいあります。これと玄米アミノ酸酵素液を併用することでほとんどの問題に対処できるでしょう。
 みどりの放線菌はそのまま土に使えますし、ぼかしに入れて増やせます。水溶性で使えると、とても使い勝手が良いのです。
 結果として生産コストを大幅に減らすことができます。これからも使い続けてコツをつかんでいただければ冬場の暖房代も節約できると思います。

関連記事

  1. 白菜も大根も大量のアブラムシにやられました!
  2. 青虫、ヨトウ虫、カブラハバチの発生で困っています!
  3. 土壌のPHは7!肥料不足のような状態です。今年と同じようにトマトの収穫を1.5倍にするには・・・
  4. 落花生が全滅!なぜでしょうか・・・?
  5. ネギの葉にしまりがなく出荷できなくなりました!病気なのでしょうか。
  6. 玄米アミノ酸のぼかしが大量に出来ると聞いてメリットを感じています。
  7. 高温で青枯れが発生!原因がよく分からない・・・
  8. ニーム酵素液は、露地栽培で害虫防除が本当に可能なのでしょうか。
  9. イチゴの高設栽培をしています。9月の定植までに注意することは何ですか?
  10. ミディトマトの循環式水耕栽培をしています。