「夫婦で農業をしている姿が輝いて見える!」 これは何なのだろうか…

「夫婦で農業をしている姿が輝いて見える!」 これは何なのだろうか…

 年が改まりました。新年にあたり、どうしても書きたいことがある。それは珍しく農業とはあまり関係のないことである。このテーマはできるだけ避けてきた。抽象的で精神的なことは、それぞれに考えがあり、それを尊重すべきと考えていたからである。
楽して儲かる農業みーつけた

 昨年は生産者のほ場にお伺いする機会を敢えて作った。ニュースレターで発信している情報と現場で行われていることが、どれだけギャップが出ているのかを知りたかったのである。農業の場合、ほ場にお伺いするイコール自宅にお伺いすることになる。ご夫婦とお話をすることになる。いろいろなご夫婦に接しているうちに不思議なことに気がついた。
楽して儲かる農業みーつけた

 サラリーマン社会では失ってしまった夫婦の姿に触れたのである。最初は気のせいかと思った。この人たちだけ別なんだろうと思った。ところが何軒かお伺いするうちに、同じようなことになっていると気がついたのである。それは驚きだった。夫婦の姿が輝いて見えるのである。これが夫婦の姿であると自然に感じてしまうのである。もちろん若くもないし、美しい着物を着ているわけでもない。でも輝いている。これはいったい何なのだろうかと、とても不思議だった。サラリーマン夫婦にあるような、私は私、あなたはあなたという冷たい関係がない。温かいのである。夫婦が互いに助け合っている。相手を尊重している。それが取って付けた物のようではなく自然なのだ。その姿を見ていると、何ともうらやましくなってしまうのである。
楽して儲かる農業みーつけた

 こういう経験をするとは夢にも思っていなかった。よく考えてみれば、互いを大切にしなければ農業という仕事自体が成り立たないのである。奥さんにはできない仕事をご主人がやる。ご主人ができないことは奥さんがやる。分業が明確に出来ているのである。二人でやった方が早いことは二人でやる。どちらが偉いということもない。これを長年続けていると、互いの大切さが自然に理解できるようになるのだと思う。昔のお父さん、お母さんというのはこういう人たちが多かったのだろうと思う。もの凄く懐かしい気がするのである。子どもはその両親の姿に触れて成長していく。日本が世界でもトップクラスの国になれたのはこれが原因ではないかと思うほどである。父母を大切にするという気持ちは、父母同士が互いを大切にしていなければ出てこないことである。
楽して儲かる農業みーつけた

 たぶん、最近のイジメの問題は子どもにあるのではなく、夫婦が互いを大切にしなくなったことが原因のような気がするのである。経済的にも豊かになり、肉体的な負担も大きく減った。電化製品の開発で誰でも手軽に何でもできるようになった。何のための夫婦なのか。さっぱり分からない夫婦が増殖してしまったのである。これが農業をしているご夫婦に出会うと、目を覚まさせられる。目的がはっきりしている。夫婦が力を合わせて生産物を作り上げることなのである。力を合わせなければ生産物は出来ない。まさに夫婦二人株式会社なのである。ところがサラリーマン社会は二人が力を合わせなくても何とかなる社会である。会社でどんな仕事をしてきているのかすら分からない。夫婦になって、何を目的にするのかがはっきりしないのである。

 これでは子どもも同じになってしまう。何を手本に育てというのだろうか。それが農業の場合は違っている。夫婦二人が力を合わせている。互いを大切にしている。特別に教育なんかしなくても、その姿を見ているだけで子どもは立派に成長する。日本は昔から、こうやって子どもを育ててきたと教えられたのである。夫婦が力を合わせたらどうなるか。これも不思議なことなのだが、生活できないということはなくなる。理屈ではなく、そのように出来ている。もっともすばらしい豊かさがそこにある。ところがサラリーマン家庭は夫婦の力を合わせるどころではない。足の引っ張り合いをしている。恥ずかしながら、私の家庭も例外ではない。互いの足りないところや悪いところばっかりが目につく。ついつい自分中心になる。我がままになる。
楽して儲かる農業みーつけた

 これはお金がないからではないことに気づかされた。お金があっても同じなのである。お金がある方がひどいかもしれない。夫婦で農業をしていて、そんなことをしていたら農業自体が成り立たない。自然に助け合うようになる。夫婦が壊れた家庭は農業を一緒にやれば目覚めるのではないのかと思うほどである。

 たぶん農業をしているご夫婦はこのことに気がついていないと思う。あまりにも当たり前すぎて、気がつく気にもなれないだろうと思う。でも、これは人生の中で、一番大切なことのような気がする。古来の聖人が語ってきた愛そのものではないかと思うのである。もちろん、私にはそんなことを語る資格はまったくない。恥ずかしくて穴があったら入りたいぐらいである。
楽して儲かる農業みーつけた

 夫婦の年月を重ねて、老いたとしても二人で力を合わせる姿は本当に美しく輝いて見える。当の本人たちはまったく意識していないから、さらに輝いて見える。ほ場の視察も勉強になったけれども、さらに教えられたのはこのことである。男女が互いを大切にして尊重し合うということは、これほどすごいものかと教えられた。私などは爪の垢でも煎じて飲んだとしてもできないことのような気もする。羨ましい限りである。

関連記事

  1. 玄米アミノ酸微生物農法は完成された!5年以内に2万haを目標にする!
  2. 玄米アミノ酸微生物農法をやると糖度が上がるわけとは・・・?
  3. 土壌病害や連作障害の本当の原因は何・・・?糸状菌やフザリウム発生と同じ原因だった!
  4. 除草剤ばかりが雑草対策ではない!土を豊かにして「雑草」を劇的に減らす方法!
  5. 収量と品質は「葉」で決まる!「葉」を超元気にできる資材とは・・・?
  6. チッソを多く投入するほど「微生物」はいなくなる!春に肥料当たりをするのはなぜ・・・?
  7. 冬場の施設栽培で利益を出す方法!施設栽培の3大欠点とは何か・・・?
  8. 玄米アミノ酸微生物農法で成功するまでの紆余曲折と心配事はどうすればいいのか・・・
  9. やればやるほど土壌が病むという常識を破壊した玄米アミノ酸微生物農法!
  10. ぼかし作り冬場の悩み「温度が上がらない」の解決方法!