日本に農業経営者を育てたい!「農業経営者会議」を設立

日本に農業経営者を育てたい!「農業経営者会議」を設立

楽して儲かる農業みーつけた
 日本における農業経営は良くも悪くも国が作ったビジネスモデルで運営されている。行政が作ったところに大きなポイントがある。例えば農協はどうやって経営者を育成しているのだろうか。一定の規格を作って、そこに当てはまるという方式である。画一的。みんな同じというやり方である。経営の数値管理はすべて農協が行う。生産者にはまかせない。これは経営というより管理といった方がいいかもしれない。市場も同じ。農業という事業に従事している方はすべて、このモデルの中で仕事をしている。このモデルに反対したり反発したりしている方でもこのモデルから離れられない。

 行政が作ったモデルを参考にして、それに近い物になっている。生産者が経営者として自立していくビジネスモデルは日本には存在しないのである。何を言っているのかピンとこないと思う。もっと分かりやすく言うと、責任だけは自己責任で、利益は誰かが持っていってしまうという仕組みなのである。生産者楽して儲かる農業みーつけたは経営者にはなれない。農業経営者という月刊誌が発行されている。内容を読むと経営者の視点はない。生産者の視点だけである。「ん!同じではないの・・・」そこが大きな勘違いなのである。生産して利益を得ていることは自分の労働力を利益に変えているのである。労働力イコール利益である。経営者は経営をして利益を得る。経営をしなければ利益は得られない。労働を利益にするというのは働けばそれで利益になる。しかし、経営をして利益を得るには経営をしなくてはならない。

 「それじゃ経営って何なの・・・」ということになる。これは簡単ではない。まず経営とは何かを学習しなくてはならない。今までの日本にはこれがなかったのである。誰も経営なんて教えない。教えないからできない。そこで「農業経営者会議」を設立した。いきなり経営者になれるわけではない。4段階のステップを作った。

①ビジネス立志会員、これは経営をしてみたいという方である。契約はいらない

②ビジネス会員 ①でビジョン(計画)を理解し、学習意欲を持った方である。契約が必要である

③パートナー会員、ここでビジネスがスタートする。経営を実践してみるわけである。

④オーナー会員、自分のグループをつくることができる。まさに経営者である。

 この4つのステップで経営者に成長できる仕組みを作った。この仕事は株式会社玄米アミノ酸微生物農法の仕事である。希望者なら、誰でも参加できる。誰でも最後のステップまで行けるかというと、そうではない。学習が必要である。努力はいる。私の希望を言わせてもらえれば楽しみながらできる人である。経営者になりたいと強く希望をする人である。それがないと教えることは難しい。この中から農業経営者が育っていけば、国に頼らなくても自立できる農業経営ができると確信している。そのために「農業経営会議」を立ち上げたのである。

関連記事

  1. 15名を集めていただければいつでも「講演会」に出かけます!
  2. 毎年、深刻になる環境汚染!慣行農法は時代遅れになった!
  3. TPPで日本は世界一の農業大国になる!え!どうして・・・
  4. 豊作貧乏は天候ばかりが原因ではなかった!豊作貧乏から抜け出すには・・・
  5. 50年後に世界の耕地面積の半分は「塩類集積」で収穫不能になる!
  6. 仕事の効率だけを考えれば利益は出せるのか・・・?
  7. 異常気象は予測ができる! 対策をすれば高利益に直結する!
  8. 日照不足の時に光合成を活発にすれば収量不足が解消できる!
  9. 7つのルールを知れば利益の出し方が見えてくる!
  10. 日照不足に大雨という傾向は来年はどうなるのか…?