ここさえおさえていたら大きく不作になる事はない

ここさえおさえていたら大きく不作になる事はない

ここさえおさえていたら大きく不作になる事はない


 どんなすばらしいものでも、どんな条件でも結果が出るとは限らない。必要な条件というのがある。それは同時にチェックポイントになる。ここさえおさえていたら大きく不作になる事はないというものである。
?耕作の深さは何cm?
 何cmの深さまで耕作しているのか。10cm、15cmであれば問題ありである。最低でも30cmは必要である.理由は土壌にしっかり根をはるには30cmの深さは必要だという事である。
?耕作の方法はどんな刃?
 ロータリー耕という耕作の方法が多いと思う。口‐タリー耕で耕作した土壌の刃があたる一番下の土をチェックしてほしい。カチンカチンに硬くしまっていないかどうか。刃のあたる所が一定しているので、下の土を踏み固めている状態になっていないかどうかである。もしなっているとしたら、有効土層が小さく、病害にも弱い土壌といえる。
?土壌分析は2ケ所ある
 土壌分析は表土に近い土壌と有効土層の一番下の土(25m前後の深さの土)と2ケ所を分析する。表土に栄養分がたくさんあっても意味がない。根をはる一番下部の土。これが問題なのである。ここに栄養分が必要なのである。2ケ所を比較すると土壌の状態が正確にわかる。
? 過細度の土になっていないか
 土が細かすぎると水を与えた時に幕をはり、酸欠になる恐れがある。
土は細かすぎず大きすぎずである.
「耕作する」にも意味がある。土の状態、
根の状態を考えてチェックしてみよう。

関連記事

  1. 15名を集めていただければいつでも「講演会」に出かけます!
  2. 毎年、深刻になる環境汚染!慣行農法は時代遅れになった!
  3. TPPで日本は世界一の農業大国になる!え!どうして・・・
  4. 豊作貧乏は天候ばかりが原因ではなかった!豊作貧乏から抜け出すには・・・
  5. 50年後に世界の耕地面積の半分は「塩類集積」で収穫不能になる!
  6. 仕事の効率だけを考えれば利益は出せるのか・・・?
  7. 異常気象は予測ができる! 対策をすれば高利益に直結する!
  8. 日照不足の時に光合成を活発にすれば収量不足が解消できる!
  9. 7つのルールを知れば利益の出し方が見えてくる!
  10. 日照不足に大雨という傾向は来年はどうなるのか…?