温暖化は加速して病虫害は出やすくなる!農薬の規制は厳しくなる一方でどうするのか…

温暖化は加速して病虫害は出やすくなる!農薬の規制は厳しくなる一方でどうするのか…

 5月に入ると気温の上昇度が違ってくる。雨も多くなる。心配されるのは病虫害である。病虫害を取りまく環境が大きく変化していることに気がつかなくてはいけない。
楽して儲かる農業みーつけた

 一つは殺菌剤の使用期間である。これが大幅に変わった。消費者の要望もあるが、食べ物なのだからもっと健康を重視せよというのである。トレーサビリティを義務付けることによって最終出荷までの薬剤散布期間が厳しくなったのである。わかりやすくいうと最終的に薬剤を使える期間が短くなった。

 二つ目は残留農薬の規制である。これはTPPが実行されれば、さらに厳しくなる。作物に残留しても大丈夫なものしか認められなくなった。
楽して儲かる農業みーつけた

 昔は有機水銀、有機スズ、有機塩素などが使用できた。これは効果が高い。重金属系の猛毒だから当然である。病気にも害虫にも効果はあるが人間には大変な害である。消毒後に具合が悪くなるのも当たり前である。これが作物に残留したら健康被害が出るというので禁止された。そして生理活性薬剤や抗生物質に変わったのである。開発に多額のお金がかかる。だから農薬代は高い。効果はまったく薄い。生理活性剤というのは害虫の生理を狂わせるというものである。生殖をできなくするとかである。ところが害虫の生体が変化して対応するようになる。すぐに効かなくなる。抗生物質は人間並みである。これは植物に対して抵抗力を持つようにするものである。

 重金属系の猛毒は誰がいつ使っても効果は出る。使いやすい。
楽して儲かる農業みーつけた

 ところが生理活性剤や抗生物質はタイミングを間違うとサッパリ効果なしである。技術が必要とされる。しかし、そんな学習はしていない。使っても効かないという声が多くなったのである。

 TPPに入ると薬剤規制だけではなく、環境問題が出てくる。こっちの方はもっと厄介である。PM2.5の大気汚染は知っていると思う。黄砂はそれの一つである。大気に舞ったものが大地に降り注ぐ。ほとんどが重金属の有害物質である。大気汚染は土壌汚染である。CO2は減らない。アラスカでメタンガスが噴き出ている所が1万5千ヶ所もある。メタンガスはCO2の20倍も温暖化を加速させる。海の中のメタンガスも溶け始めている。そして北極の氷はシアノバクテリアの発生で2倍速で溶け始めている。

 環境問題は数年以内に地球問題になる。そうすると化学肥料も規制される。農薬はさらに厳しくなる。どうやって作物を作れというのかということになる。病虫害が増える要素がたくさん出てきて、抑えるのは多額のお金がかかった上に効果がないということになるのである。これでは利益が出るはずがない。
楽して儲かる農業みーつけた

 繰り返すが環境問題は悪化する。どれくらいの速度でどれだけ変化するのか、誰も予測がつかないほどの猛スピードである。これは温暖化の進行する速度がまったくわからないことを意味している。もっとも大きなダメージを受けるのが農業ということになるのである。これを頭に入れながら栽培に取り組まなくてはいけない。少し抵抗はあるがはっきり言う。慣行農法ではもう収益を出すことはできない。

 生産コストが高くなり、吸収できないのである。慣行農法をやっている多くの生産者は赤字に転落すると思う。耕作放棄はさらに広がる。

 だから何をしなくてはいけないのか。病虫害の出ない土壌と作物を作る以外に方法はない。誰でも農業ができる時代は終わったのである。
楽して儲かる農業みーつけた

 ①風通しが悪い②病気をまん延させたことがある③病気が出ても対策しなかった④収穫後の残渣は放置している⑤モグラやハクビシンが寄ってくる⑥未醗酵の有機物を大量に入れている⑦土壌の水分管理ができていない。こういうほ場は病気が出やすく虫害も出やすい。こういうほ場で作物を作っても採算を取ることは難しくなる。

 病気が出にくい、虫害が出にくいほ場を作るにはどうすればいいのだろうか。一にも二にも環境整備である。環境が悪くなるようなことはどうしたらやらなくても済むかである。環境を悪くする最大の原因はチッソ酸化物である。大気汚染の大きな原因でもある。チッソ酸化物があるほどカビが出やすく、害虫は寄りやすい。そして害虫がウイルスを媒介していく。環境汚染の原点ともいえる物質である。リン過剰、カリ過剰も同じように土壌汚染はするがチッソほどではない。

 今まではどのように状況が変化しているのか、ご理解いただけただろうか。小さなことを大きく言っているのではない。大き過ぎることを伝えられないでいるのである。この大きな流れは変わらない。温暖化はさらに加速していく。環境はますます悪化していく。規制はさらに厳しくなる。肥料代も農薬代も高くなる一方、そして油代も安くならない。この流れで先が読めるとしたら早く手を打たないといけないのである。手遅れになると被害はさらに大きく拡大する。あなた様はどういう選択をするのだろうか…。

関連記事

  1. 「育苗」技術をマスターすれば収穫期間を大幅に延長できる!
  2. 夏作で5ヶ月間収穫できるようにする知恵はどこから生まれてくるか!
  3. 作物の生長には「水分」が命!水分コントロールができれば収入まで変えられる!
  4. 「定植」の仕方を間違えば生長は1ヵ月も遅れる!
  5. なぜ「畝」は立てるのか・・・?「定植」をするとはどういうことなのか・・・?プロの技術がある!
  6. シリーズ「栽培の基本」異常気象に対応した「育苗」の仕方!
  7. シリーズ「栽培の基本」「種子」と「育苗」の消毒は本当に必要なのか・・・?生命力の源泉は「菌体」にあるという現実!
  8. シリーズ「栽培の基本」病害の出発点は「購入苗」にあるという現実が理解できるだろうか・・・?
  9. 自家配合の「培土」を作ると土作りが見えてくる!
  10. シリーズ「農業の大切な基本③」冬場の「水分過多」と「高濃度養液」は 土を冷やし百害あって一利なし!