TPPで農業生産は大変革期がやってくる!大混乱は大チャンスになる!

TPPで農業生産は大変革期がやってくる!大混乱は大チャンスになる!

 TPPの交渉は今年中にまとまると思う。TPPの本質が見えていない人は大半ではないだろうか。特に日本の生産者には見えない。原因の一つは農産物の輸出にある。ほとんどやっていない。輸出鎖国状態なのである。その一方で輸入はもの凄い量になっているが…。外国から見た時に、日本の市場はどのように見えるのだろうか。最高の市場に見えるのだろうか。最高の市場に見えるに違いない。日本人はグルメ志向でこだわりが強く、おいしい食べ物にはお金を惜しまない。自国で売るよりも日本に高く売りたいと思っているだろうと思う。
楽して儲かる農業みーつけた

 日本は何を売りたいのだろうか。農産物ではない。工業製品である。これを売りたい。工業製品を売るためには農産物は犠牲にする。これは国の方針なのである。

 農産物で外貨を稼ぐことはできないのである。農産物の輸出が少ないというのは高すぎて売れないだけである。土地も少なく効率も悪い環境では輸出をする生産物を作り出すことは難しい。政府は百も承知である。

 外国はどう考えているのだろうか。互いの関税を低くすることで物の流れを活発にしたいと考えている。経済が遅れている国ほど有利である。人件費が安いからである。最近はデジタル化して工業の生産工程も技術者も高いレベルは要求されなくなってきた。関税が低くなるほど後進国は発展する可能性が大きくなる。先進国も輸出しやすくなる。互いに協力関係が成立する。利害は一致しているのである。

 関税自由化は人・物・金がグローバル化して国境がなくなっていくことを意味している。これは時代の大きな流れであり、誰も抵抗することはできない。兵器ですら多国間で共同開発される時代である。自国の国民だけを守る保護経済なんてあり得ないのである。
楽して儲かる農業みーつけた

 TPPに加盟して交渉がまとまったらどうなるか。ルールが変わる。大きく変わる。基準がTPP基準になる。国際基準になる。農水省は省益だけを考えるわけにはいかなくなるのである。農協も大きく変化すると思う。鎖国状態から、いきなり開国するわけだから大混乱が発生すると思う。関税自由化した韓国では生産者が大きな混乱に陥った。大きな負債を抱える人が続出したのである。

 農水省の補助金行政を批判する方は多い。そして農協を批判する方も多い。どんなに批判していても、その恩恵の中で生産できているのは事実である。単に批判をするのではなく、新しい国際関係の中でどうやって自立していくかが重要になってくる。大きな変化があるということは大きなチャンスに恵まれるということである。どんなチャンスが巡って、どう生かすのか。経営能力が問われる時代はすぐそこである。優秀な生産者が誕生する一方で、貧困にあえぐ生産者も極端に増加すると思う。TPPはそういう力を持っている。本質を見抜き、早く環境に適応しなくてはいけないのである。

関連記事

  1. 「二宮尊徳」はどのようにして成功をしたのか!
  2. 農業で成功する人、うまくいかない人!
  3. 高齢化しているのは人間だけではない!畑まで高齢化している現実がある!
  4. 超利益農産物が突如「出現」!輸入農産物の国産化が農業を変える!
  5. 恐るべし!「女性パワー」が農業を変える!
  6. 観光農園で、年間入場者15万人!え!どうしたらできるの・・・?
  7. 4年後の東京オリンピックは世界から「食の安全性」が厳しく問われる!慣行農法で食の安全は確保できない!
  8. 六次産業化に大型の補助金をつけている理由とは何なのか・・・?農産物の価値観が大きく変化する!
  9. 世界経済は大減速!食糧不足が現実になる異常気象の驚異!
  10. 多くの人がやらないことに「チャレンジ」しなければ成功はつかめない!